薬膳

毎日の食事で食べている食材には「栄養素」という考え方以外に、東洋医学独特の考え方に基づいた「食薬」という考え方があります。
食材の持っている性質のことで、食用、薬用の両方に使うものです。例えば「風邪を引いたときはネギがいい」とか「冷え性にはショウガがいい」など良く言われていますよね。

様々な食材の持っている性質について少しづつではありますがアップしていきたいと思います。
その前に基本の用語について簡単に説明します。本当にざっくりです。

五性(ごせい)
五気ともいい、食材が持っている性質をを五段階に分けたものです。食材に温める作用があるのか、冷やす作用があるのか分けています。

熱性・・・体を温める働きの強いもの。体の中を冷えや寒さを取り除きます。
温性・・・体を穏やかに温める働きがあります。疲れを癒したり、食欲不振の改善に適しています。
平性・・・体を冷やしもせず温めもしないもの。熱性、寒性の強い性質を緩和する働きがあります。
涼性・・・体を冷やす働きがあるもの。微熱、のぼせ、ほてりなどの改善に適しています。
寒性・・・体を冷やす働きの強いのも。発熱、のどの渇きなどに適しています。

五味(ごみ)
食材の味を5つに分類したもの。効能でも分けられているので、実際の味と違うことがあります。

酸(さん)・・・すっぱみ。引き締めたり、固める効能があります。
苦(く)・・・にがみ。体の中の余計な水分を排泄したり、熱を取る作用があります。
甘(かん)・・・あまみ。消化吸収を助ける働きがあります。
辛(しん)・・・からみ。発汗作用があり、体の中に溜まったものを外に出す働きがあります。
鹹(かん)・・・しょっぱい味のことです。かたいものを柔らかくする作用や詰まっているものを正常に戻す働きがあります。

他にも用語は沢山あるのですが、食材を紹介しながら説明していきます(^^)

スマホの方はこちらをタップすると電話が掛けられます。今すぐお電話ください!

025-793-7663

えびす鍼灸院のご案内

お電話でのお問い合わせ 025-793-7663
住所
〒946-0007 新潟県魚沼市四日町83 1F
横町通り「四日町」信号交差点角 「金登屋」様となり
営業時間
平日 9:00~12:00 14:00~20:00
土曜 9:00~12:00 14:00~17:00
休業日
木曜午後・日曜祝日
メールでお問い合わせ
Home
お気に入りに追加
  • Blog
  • 患者さんの声
  • 症状別の説明