冷え性

「冷えは万病のもと」とよく言われていますね。実際来院されている患者さんで冷えを感じている方はとても多いです。自覚はなくとも手足やお腹が冷えている方もいます。

冷え性は女性だけの問題ではなく、男性にも多く見受けられます。

 

「体質だから」と言って諦めていませんか?冷え性には鍼灸治療がとても効果的です!

冷えを取ることで様々な症状の軽減にもつながります。

 

冷えの原因

西洋医学では自律神経機能の失調、ホルモンバランスの乱れ、貧血、低血圧、偏食、運動不足などが原因と考えられています。また環境にも大きく影響されます。エアコンの風に当たり続ける、薄手の格好なども冷えの原因になります。

 

冷え性の分類

冷え性といっても実は様々なタイプがあります。東洋医学の考え方に基づいて大まかに分類してみたいと思います。

 

  • 体全体が冷えるタイプ(陽虚)

体を温める気力そのものが低下した状態。体の芯から冷えているような感じがします。虚弱体質や疲労した状態の時です。陽虚(ようきょ)と呼ばれています。食欲不振あるいはすぐに満腹になる、下痢しやすい、脱力感、腰から下にかけて強い冷えを感じることもあります。附子(ぶし)剤という体を強力に温めるものなどが入った漢方薬が処方されます。

 

  • 胃が冷えて体の表面が冷えるタイプ

冷たいものや生ものを好んで食べて起こる冷えです。夏場によくなりやすいですね。味覚が鈍くなるので味が分かりにくくなったりします。消化不良にもつながり、下痢の原因にもなります。陽虚の一種ですが、上記のような強い冷えではないです。乾姜(かんきょう:しょうが)を用いるとこで冷えが改善します。

 

  • 水分が溜まって冷えるタイプ(水滞)

暑がり(汗っかき)で寒がりの冷え性。水太りの状態です。体に水が多くなるとその分、体は温まりにくくなります。疲れやすい、足のむくみ、尿量が少ないなどの症状も出やすいです。

 

  • 血(けつ)が不足して冷えるタイプ(血虚)

血は体を栄養するだけでなく体温を運ぶ役目もありますが、血が不足していると末端まで十分に届かず冷えを引き起こしてしまいます。血が不足することで月経不順、月経痛、不妊、更年期障害などの原因にもなります。漢方薬では当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が良く処方されます。

 

  • 冷えのぼせタイプ(気滞)

足は冷たいのに顔は火照る・のぼせる状態。気の巡りが悪くなることで起こります。ストレスやイライラが長く続くとこの様な状態になりやすいです。肩こり、頭痛、めまい、耳鳴りといった症状が出ることもあります。これは足を温めるだけではなかなか改善しません。気の循環を良くすることが必要です。

 

 

大まかに分類しましたが、これらの原因が単体で起こる場合もあれば複雑に絡んで症状を引き起こしている場合もあります。問診や触診により一人一人に合った治療法を探し、継続的な治療を行う事で、効果的に冷え性を解消することができます。長くお悩みの方は鍼灸治療をぜひ一度ご検討下さい。

 

スマホの方はこちらをタップすると電話が掛けられます。今すぐお電話ください!

025-793-7663

えびす鍼灸院のご案内

お電話でのお問い合わせ 025-793-7663
住所
〒946-0007 新潟県魚沼市四日町83 1F
横町通り「四日町」信号交差点角 「金登屋」様となり
営業時間
平日 9:00~12:00 14:00~20:00
土曜 9:00~12:00 14:00~17:00
休業日
木曜午後・日曜祝日
メールでお問い合わせ
Home
お気に入りに追加
  • Blog
  • 患者さんの声
  • 症状別の説明