生理痛

女性特有の悩みで、毎月時期が来ると気分が憂うつになるほど苦しんでいる方もいらっしゃいます。
しかし生理痛の程度は個人差が大きく、全くない方もいます。個人でも季節や体調によって痛み方が異なる場合もあります。
仕事や生活に支障が出るほどの痛みは放っておくと不妊症等の原因や精神的な不調にもつながっていく場合があります。

生理痛の症状

月経前、月経中に下腹部や腰部といった骨盤を中心に起こる痛みで、お腹の張り・悪心、嘔吐・頭痛・下痢・倦怠感・食欲不振・イライラなどを伴います。

症状は個人によって様々ですが、これらの症状が強く日常生活に支障が出たり、医療介助が必要な場合を月経困難症といいます。

月経困難症の分類

月経困難症は大きく2つに分類されます。
機能性(原発性)月経困難症と器質性(続発性)月経困難症です。

機能性月経困難症とは、骨盤内の構造や形状に問題がないのに起こる月経困難症のことです。
器質性月経困難症は骨盤内の臓器に原因があるものをいいます。
子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸管狭窄、骨盤内の炎症、子宮位置異常などがあります。これらは専門医による治療が必要になりますが、痛みの緩和やその他の不快な症状の緩和は機能性月経困難症と同じになります。

痛みの原因

子宮内膜から「プロスタグランジン」というホルモンが出ています。プロスタグランジンには子宮を収縮させて経血を外に排出する働きがあります。これは生理の始まる前から出ていますが、生理が始まるとさらに多く分泌され子宮が強く収縮し痛みを引き起こします。
プロスタグランジンが血流に乗って全身にまわることで、頭痛や吐き気などの引き金にもなります。
子宮内の血液の流れが良く、スムーズに排出される場合にはプロスタグランジンは多く分泌されず痛みもあまりありません。しかし冷えていたり、血流の悪い状態だとなかなか排出されないためプロスタグランジンが多く分泌され強い痛みを引き起こしてしまいます。

生理痛の治療

強い痛みの原因、「冷え」と「血液の流れが悪い状態」を改善することで症状が和らいでいきます。
骨盤内は生殖に必要な臓器があるため、血液を多く必要としています。細かな血管が多いため血液の流れが滞りやすくなっています。また足から戻ってくる静脈は骨盤内を通りますので、冷えの影響を受けやすくなります。

痛む時期、痛い部位、どのように痛いのか、日常生活の様子などをお聞きして体の状態を把握し、最適なツボを刺激していきます。全身の体調を整えていきますので、生理に伴うイライラ、肌荒れ、便通の乱れなどにも効果があります。自宅でできるお灸のアドバイスも行っています。

なるべく薬に頼りたくない、辛い痛みから解放されたいと悩んでいる方は是非お電話下さい。

スマホの方はこちらをタップすると電話が掛けられます。今すぐお電話ください!

025-793-7663

えびす鍼灸院のご案内

お電話でのお問い合わせ 025-793-7663
住所
〒946-0007 新潟県魚沼市四日町83 1F
横町通り「四日町」信号交差点角 「金登屋」様となり
営業時間
平日 9:00~12:00 14:00~20:00
土曜 9:00~12:00 14:00~17:00
休業日
木曜午後・日曜祝日
メールでお問い合わせ
Home
お気に入りに追加
  • Blog
  • 患者さんの声
  • 症状別の説明